◆ 店舗力UP研修(導入イメージ)

<某○○店の例(イメージ)>

某○○店の社長

今年もミステリーショッピングで「笑顔が無い」と指摘されている。。。

アロハライブズ

スタッフのみなさんは「接客に笑顔が大切」なことはご存じのようでしたよ。
「笑顔で仕事ができない」要因が他にありそうですね。
一度チームの状態を確認してみませんか?


そこで最初に各スタッフにアンケートをお願いすることにしました。


アンケートで見られたショップの「強み」と「課題」(仮説)

強み課題
・立地が良い
・商品(特にギフト商品)が良い

・「○○」が好きなスタッフが揃っている
・お客様・ショップ・会社・社会に
貢献したい気持ちを全員が持っている

・成長意欲がある
・技術格差により分離がある
・社員教育の仕組みが無い
・成長意欲にこたえるキャリア環境がない

・共通の目標が無い

・技術重視 > 接客サービス軽視の傾向
・明るさの欠如(楽しくない環境)

・同じメンバーで長期間勤務している
・仕事・スタッフのマンネリ化


研修のご提案内容
(下記写真はイメージです)

STEP1
チーム意識の醸成

STEP2
ショップのビジョン策定
STEP3
ショップの今の状態を確認する
STEP4
ビジョンに向けた行動計画策関
メンバーへの感謝

≫ チーム状態のアセスメント + 対話

システムコーチング®を導入する前に、まずは「チーム・店舗の状態」をアセスメントしてみませんか?

<チームの状態を知り、今後を考える>
  • チームの状態を可視化するアセスメント + メンバーアンケート(人数約10名程度まで)
  • メンバー全員がアセスメントを行います。(下記イメージ画像をご確認ください)
  • メンバーそれぞれにアンケート・若しくはインタビューを行います。
  • アセスメントとアンケートに基づき、チームの状態のレポートを作成します。

  • チームの状態を可視化するアセスメント + チームの対話会
  • メンバー全員がアセスメントを行います。(下記イメージ画像をご確認ください)
  • アセスメント結果をもとに、チームの対話会を開催します。
アセスメント報告書イメージ①
アセスメント報告書イメージ②

≫ システムコーチングⓇ(チーム・店舗向け)とは 

システムコーチングⓇとは、
チーム力UP・店舗力UP研修で行う研修手法です。

共通の目的・目標を持った2名以上のチーム・店舗をクライアントとし、
その関係性の向上に向けてアプローチを行います。

※「共通の目的・目標を持った2名以上のチーム・店舗」 = 「システム」
 と呼びます。

どのような課題に効果的か

  •  成果に向けて、一体感を感じられない。
  •  相互理解が不足している。
  •  チーム内に対立がある。
  •  全員が納得したチームの目標・目的が描けていない。
  •  チーム内に感謝の気持ちが不足している。

     など関係性からくる課題に効果を発揮します。

システムコーチングⓇでは、チーム・店舗の「関係性」にアプローチします。

システムコーチングⓇによって「関係性の質」が上がることで、
メンバーの組織・チームに対する「思考の質」が上がり、
自主的に協力的な行動が行われるなど「行動の質」も上がり、
その結果目指していた目的・目標に対する「成果の質」も向上していきます。

 ※「成功循環モデル」図 ダニエル・キム(元MIT教授)

基本的な流れ お気軽にお問い合わせください。 

ヒアリング

チーム・店舗の課題に関してお聞かせいただきます。

STEP
1

ご提案

どのような形でコーチングを実施するかを企画提案いたします。
同時ににお見積もりもご提出させていただきます。

STEP
2

ご契約

実施する際のルールのご確認及び、ご承諾をいただきます。

STEP
3

事前アンケート/事前インタビュー

事前アセスメント ※
事前にチーム・店舗の状態を確認し、研修プランを作成します。

こちらのページの上記、◆チーム状態のアセスメント + 対話 をご覧ください。

STEP
4

チーム・店舗力UP実施 

期間イメージ : 1か月 1回 、 1回 3~6時間程度 、合計 3回~6回

STEP
5

お問い合わせ

料金につきましては、ヒアリング後にご提出いたします。
お気軽にお問い合わせください。

※ LINE公式アカウントでも受付けておりますので、
  お気軽にメッセージをお送りください。

友だち追加