『売らない店舗』について考える②

前回「『売らない店舗』について考える」を投稿した。

で、続き。

初めて『売らない店舗』の話を聞いた時、
「わー!かっこいい!!」と思った(単純・笑)。

そして、次に
「そういえば『売らない店舗』、今までも沢山ありましたけど・・・?」となった。
(例:スタッフからお客様を歓迎する気持ちを感じられず、
   商品をレジまで持っていくまで反応が無いなど)


では、これからの『売らない店舗』とは、どういう店舗なのか?

一番イメージしやすいのは
家電量販店ではないかと思う。


お客様の動き↓
① まずECサイトで欲しい商品を検索する
② スペック・口コミなどを確認し、商品にあたりをつけ候補を決める
③ リアル店舗に見に行き、体験する
④ 購入する(リアル店 or 再度WEBで検索し、最安値で購入等)


家電量販店は決して『売らない店舗』ではないけれど、
お客様の買い方が先行してそうなってしまったように思う。

オンラインがメインの売場となり、
リアル店舗はそれを体験する場所になる。


実はここからが本当に考える場になるのですが、
今日はこの辺でやめておこうと思います。
(いろいろ考えていたら、頭がウニ状態になりましたので・・・)

ご自身の身近にある『売らない店舗』を想起した時、
販売する側として「今何が求められているのか?」。


1度あたまの中でグルグルしてみてください。
いつか、みんなで対話をしたいテーマです!!!

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です